借金時効の援用 書式

借金の時効を正式に認めてもらうには、時効援用通知書というものを書いて債権者へ通知しなければなりません。

通知書に書くべき内容には不備があってはならず、きちんとポイントが抑えられていなければなりません。

ネットで調べれば、書き方の例や書式を見つけることができます。

自分で書くとしたら、これらを参照すると良いでしょう。

しかし、いざやってみると本当にあっているかどうか不安になりますね。

失敗したら泥沼化するおそれもありますので、自力でやろうとせず専門家に相談するほうが確実だと思います。

そもそも本当に時効の条件を満たしているのかどうかという段階から、シロウトの判断だけではミスをする危険性があります。

そういう意味でも、早い段階から弁護士や司法書士へ相談すべきだと思います。

借金 時効の援用 債権特定

債権には特定物債権と種類債権があります。

簡単に言うと。。。

特定物債権というのは「この絵画でなくてはならない」という特定物のやり取り。

種類債権というのは「このくらいの価値のある絵画ならなんでも」という種類だけを限定したやり取り。

そういう意味で金銭債権はシンプルで良いですね。

ハイパーインフレでも起きない限り、貨幣価値は安定してますから分かりやすい。

とは言え、借金には時効がありますから、放っておくと債権価値が消えてしまいます。

債権を延々と主張し続けるには、時効を中断させるような法的な手続きが必要です。

でも相手を見て回収の見込みがないと判断したら、さっさと切り捨てるほうが税務上有利になったり、精神衛生上健全だったりするので、その辺の見切りも大事ですね。

借金 時効の援用 弁護士

もしかしたら借金が時効になってるかもしれない。

そう思ったら弁護士や司法書士に相談して、調査したほうが良いと思います。

時効を成立させるための条件は、少し法律的に高度なのでシロウトの独断では失敗するおそれがあります。

条件を満たしていたら援用という手続きをする必要があります。

これも非常に煩雑なので専門家に依頼したほうが、手っ取り早いですね。

ただでさえ借金の悩みで精神的に疲弊しているでしょうから、一人で何でもかんでもやろうとしないほうが身のためだと思います。

借金 時効 の 援用 意味

援用という字は「応援として用いる」と書きます。

事実・事例を応援要因として持ち出し何かを主張する、というのが援用の意味でしょうね。

借金時効の援用は、時効になっている証拠を示してその効力を主張する手続き。

これをしないと時効は成立しません。

放っておいたら勝手にフワッと消えてしまう、というならラクなんですけどそうはいきません。

さすがに、すかしっ屁とは違いますね。

親 の 借金 時効 の 援用

親がどのくらいの借金を抱えているのか、子供は知らされていないことがほとんどでしょうね。

てっきり遺産を相続できると思っていたら、遺産ゼロで借金たっぷり、なんてこともザラです。

そんな時は相続放棄をすれば親の借金を背負わされずに済むのですが、相続放棄の手続きには期限があり、期限切れになってから借金が発覚するとやっかいですね。

親が遺した借金であっても時効になっている場合があるので、調査してみると良いかと思います。

時効を成立させるには、援用という手続きが必要です。

調査も援用もシロウトには荷が重いので、精神的な安心感を得るためにも、できるだけ早く弁護士や司法書士などの専門家へ相談したほうが良いと思います。